アディポネクチンと抗ガン作用について

ページ
トップ

アディポネクチンと抗ガン作用

がんの発症には様々な要因があると考えられています。
喫煙や偏った食事、運動不足による肥満などにより引き起こされる可能性は 大いにあります。
しかし最近では、アディポネクチンとがんの関係性が注目されてきています。
よく、「がんは遺伝する」と聞きますが、 それは家系的にアディポネクチンの値が低いということもわかってきました。

低アディポネクチン血症と診断された方の家族の病歴を調べると両親もしくはそのどちらかが、 がんや心筋梗塞で亡くなっている例が多いのです。
家系的にアディポネクチンの数値が低くなってしまう可能性は大いにあります。

低アディポネクチン血症の方は、乳がん、子宮体がん、大腸がん、前立腺がん、 胃がんのリスクが大きくなります。 「がん予防」の意味でも、自分のアディポネクチンの数値を知ることはとても重要だと思われます。

がんは早期発見がキーです。
しかし、がんの初期は自覚症状がほとんどなく、 検査の限界もあるため早期発見が困難ながんもあります。
また、人間ドックは一年に一回ですが、
一年の内に早いピッチで進行してしまうがんもあり、
どのタイミングでどのような検査をするかがとても難しいことと言えます。

そのため、とても重要なのは自分のアディポネクチンの数値を知ったうえで内臓脂肪を減らし、アディポネクチンを増やす必要があるということです。

アディポネクチンは予防のためだけでなく、がん治療としても注目されています。

現在、がんの治療方法は手術でがんを取り除く手術療法、がんに放射能をあてる放射能療法、 抗がん剤による化学療法、正常な細胞に比べて熱に弱いがんを熱する温熱治療があります。

マウスの実験では人間の胃がん細胞をマウスに移植し、 がんを発症させたところにアディポネクチンを注射すると、がんの増殖が阻止され、 最大でがんの大きさが90%も減りました。
この実験で、アディポネクチンによりがん細胞が自壊してしまうということがわかりました。

アディポネクチンを分泌させる新薬が開発されたら、 身体への負担を最小限にした薬ができること間違いありません。
アディポネクチンは一石二鳥どころが、三鳥にも、四鳥にもなるということです。


アディポネクチン分泌促進商品『SP-18』詳細はこちら